横須賀市体育協会
ホーム  >  トピックス

横須賀ジュニアトップアスリートアカデミー所属選手が市長を訪問しました

 

8月15日(火曜日)、レスリング競技の全国大会で準優勝した新倉すみれ選手、東日本大会で優勝した竹内美保子選手、両選手の保護者・弟妹、体育協会、レスリング協会役員が市長を訪問しました。

【大会結果】

  • 新倉すみれ選手

「第43回全国中学生レスリング選手権大会」女子の部70kg級<準優勝>

  • 竹内美保子選手

「第31回東日本少年少女レスリング選手権大会」5‣6年生女子の部36kg級<優勝>

img_2020-2.jpg大会で獲得した賞状とメダルを上地市長に見せる新倉すみれ選手

両選手は「横須賀ジュニアトップアスリートアカデミー」にも所属しており、トップアスリートを目指した活動をしています。

竹内英明会長からは「横須賀の選手が活躍できるよう今まで皆が必死になって活動してきている。このような良い結果が出て非常にうれしい。」と話しがありました。

大久保忠光理事からは「大きな舞台では心の持ちようが大事。体育協会で学んだ精神面の学習などを大会に生かしていきたい。」と語りました。

上地市長は「高校生の頃にレスリングと柔道をやっていたので馴染みの深い競技。活躍されたことは大変うれしい。頼もしい。」と選手にお祝いの言葉を贈りました。また、体育協会、レスリング協会にも「子供(選手)を育てることはうれしいこと。指導に励んでくれてありがたい。」と言葉をいただきました。

新倉すみれ選手、竹内美保子選手おめでとう!
これからも頑張ってください!!

img_2022-2.jpg

訪問者

  • 新倉すみれ選手(大楠中3年生)
  • 竹内美保子選手(大矢部小6年生)
  • 選手の保護者・弟妹
  • 竹内英明会長(横須賀市体育協会)
  • 内海雄三副会長(横須賀市体育協会)
  • 田中靖和理事長(横須賀市体育協会)
  • 山下薫会長(横須賀レスリング協会)
  • 大久保忠光理事(横須賀レスリング協会) 
 
ページトップへ
ホーム  >  トピックス